受けている人がどう感じているか?

リフレクソロジープロコース、受講されている生徒さん。

山口市から月に一度学びに来られています。

早いもので授業もあと4回。

後半は仕上げの段階で、
苦手な箇所の確認と修正、微調整を行なっていきます。

 

実技授業ではただ単に施術を練習するだけではなく、受け手としての感覚も私が実践しながら体感してもらいます。

何故それをするいうと・・・

お客さまがどんな風に体感しているかを自分が知っておくことが大切なんです。

 

施術を行うのは、受け手があってのこと。

手の当たり方、力の入れ方抜き方など、

受け手の立場になって体感すると自分の中に落とし込めるんですね。

関連記事

  1. セラピストのためのセルフコーチング その①

  2. 練習ってどれだけやったら良いの?

  3. 『気持ち良かったよ』の裏に隠される本音

  4. 資格取得したら直ぐに始める事は?

  5. 度重なるキャンセルをどうしたらいいの?

  6. 施術時のあなたの姿勢は大丈夫?姿勢チェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。