大手サロンと同じ土俵に上がってる?

『60分3,980円!』といったような大手サロンと同じようなサービスの表現方法、低価格設定やキャンペーンを続けると…
個人サロンとって自分の首を自分で締めてしまうような経営になっていきます。

1日の施術人数も限られますし、多店舗経営のような規模でもありません。
お客さまにとっては安くて質の良い施術を受けたいと思うのは、極当たり前の事なのですが。

大手サロンと同じやり方では、個人サロンにとって体力的・時間的・経営的にも余裕が無くなり、身動き出来ない状況になっていきます。
低価格・コースメニュー・キャンペーンを続けていると、

『施術人数ばかり多くて、体力気力共に疲れています』
『キャンペーンの時にしかお客さまが来ないんです』
『料金を上げたらお客様が来なくなるかもしれないから出来ないです』

などといった、お悩みが出てきます。

これって、セラピスト自身の『意識』が大手サロンと同じ土俵に立ってしまっているんです!
個人サロンはにとって、長く続けるためには同じ土俵に乗ったらあかんのですよ~。

『それでも低価格で施術していきたい!』『変えたくない!』って方は、それでオッケーです!覚悟決まってますから♪

悩んでいるセラピストは、どうしたらいいのか?
まず、セラピスト自身やサロンの個性が何のかを真剣にと向き合いながら明確にさせていくこと。
この作業は本当に自分の事を掘り下げていかないと見つけることが出来ません。
そこから、独自性を高めながら『そこにしかない』サロンの価値を上げて行く事が大切なんです!

これは私も開業してからずっと悩んできました~
元々大手サロンに勤めていた経験もあり、開業当初は同じようなメニュー表記や料金で行っていました。
だから、よく解る。一般的に知られている○○セラピーを使えば、人には伝わりやすいし、地域性を考慮した平均的な料金設定をすることで安心します。

でもね、これでは他のサロンと同じっていう事にも繋がるんですね。
お客様って業界人ではなくて、一般の方。だから、数多くあるサロンやセラピストがどう違うのかはよく分からないんです。

開業されているセラピストさんがサロンを変えていく時、既存のお客さまが離れていく不安もあり、実際に一時期的にご予約が減ることもあります。
これはね、、、、仕方がないこと。
現状から未来へ抜け出すにあたっての成長痛は逃れられません。

ここを乗り越えた先に
セラピスト自身の目指すサロンの在り方、自分の理念に共感してくださるお客さまに愛されて
自分の土俵で『セラピスト』という仕事が心から楽しめるようになっていくんですよ~

養生セラピストスクール
代表 上利 麻美.

【リフレクソロジープロコースの開講スケジュール】

◆リフレクソロジープロコース(周南市)9月開講木曜日クラス

 

関連記事

  1. 今からでも遅くない!全国のセラピストは半数以上が40代!

  2. 開業して直ぐに出来る!サロンのリピート率を上げるのに大切なこ…

  3. 施術が上手くなりたいセラピスト必見!その2

  4. サロン開業後の悩み。純粋な『セラピスト』としての仕事

  5. 練習ってどれだけやったら良いの?

  6. お客さまとセラピストで築いていく信頼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。