度重なるキャンセルをどうしたらいいの?

サロンを開業すると必ず出てくる急なご予約の変更や度重なるキャンセル。
『ちょっと用事が出来たから今日の予約キャンセルします』
『今月は金銭的に厳しいので、明日の予約はキャンセルします』

急な体調不良や忌引きなら仕方がないのですが、度重なるとその方への信頼度も下がり、セラピスト自身のモチベーションも下がります。

『この方また次もキャンセルされるのかな』
『準備して待っていたのに』
『他のお客さまのご予約をお断りしたのに』

そんな状況から脱却する為にも
『キャンセルポリシー』を設けて、お客さまにお伝えし、“ご協力”して頂きましょう。
セラピストも一人の人間であり、心に不安を抱いたまま施術をするなんて、ええ施術できませんもの。

お客さまの心に寄り添い、信頼して、信頼されて、気持ちよく施術するための事前の環境作り。

・キャンセルポリシーを設けたら文書にしてお渡しする
・キャンセルポリシーをサロンに貼っておく
・ご予約メッセージの最後にキャンセルポリシーを記載する

※お伝えする際の注意点は
『え?私のこと?』とダイレクトに伝えるのではなく、タイミングを見計らってお伝えしていくこと。

その際は
『度重なるキャンセルがあって、ご予約が出来ない方がいらっしゃって困っている』
『不調を感じている方のためにスムーズにご案内したい』

お願いをするような形で、お客さまにご協力いただくようにお伝えしていきましょう!

あと、大切なのは。。。
・負のスパイラルにハマらないこと
・やることリスト作り
『私の施術が気に入らなかったのかな?』
『ご予約が無くなってどうしよう』
など、マイナスに考えないように次にスイッチを切り替えていく!
その為の、やることリスト!
『あ、この時間であれが出来る』『ラッキー』
って、急に出来た空き時間を上手に使っていきましょう!

養生セラピストスクール
代表 上利 麻美.

【リフレクソロジープロコースの開講スケジュール】

◆リフレクソロジープロコース(周南市)9月開講木曜日クラス

関連記事

  1. ノルマって?大手サロンのセラピストあるある

  2. セラピストとしての素質ってなに?

  3. お客さまとセラピストで築いていく信頼

  4. 施術時のあなたの姿勢は大丈夫?姿勢チェック!

  5. ブレないセラピストになるには?

  6. 施術が上手くなりたいセラピスト必見!その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。