あなたしか出来ないセラピーを築くのに大切なことは?

私が思う、セラピストになったら意識すること。

スキル(技術) × 想い(感情) × センス(感性) = あなたらしいセラピー

施術の上手い下手は、経験値の高さもあるけれど、ただそれだけではないということ。

 

『スキル』だけでは形にこだわり過ぎてしまう。心が無い施術になる。

仕事やお客さまに対する『想い』だったり、その人にしかない感性『センス』は決して比べるものではないということ。

 

「あの人はあのスキルを持ってるからいいな」
「私も新しい技術を身に付けないとな」
と、周りのセラピストを見ては資格を取りに行く、まさに資格ジプシーに陥るパターン。

 

焦る必要もなくて、『スキル』を重要視すると、どうしても他のセラピストと比べるモノになってしまう。

 

新しいスキルを勉強しにいくか迷っている時は、

◆今、目の前にいるお客さまをより楽にしたい!

◆お客さまから実際に要望がある!

◆こんな施術方法も出来るようになりたい!

っていう、リアルな声、想いやチャレンジ精神(純粋な自己発信の感情)がベースにあるのなら新たな技術の習得をする。

 

スキルばかりを身に付けると、本当に自分がやりたいことが見えなくなってくることもある。

 

だからこそ、あなたしか表現出来ないセンスと、あなたしかない想いを大切で、

 

その積み重ねがやがて独自のセラピーへと築き上げられていくと思っています。

 

 

関連記事

  1. セラピストとしての素質ってなに?

  2. セラピストになる前に知っておくべきことは・・・

  3. リフレクソロジープロコース(周南市)木曜日クラス開講

  4. セラピストのためのセルフコーチング その①

  5. お客さまとセラピストで築いていく信頼

  6. 練習ってどれだけやったら良いの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。